介護保険ソフトなら夜間・地域密着型事業所にも対応のナーシングネット。法改正時のバージョンアップも無料。

地域密着型サービス対応一覧

地域密着型サービス


夜間対応型訪問介護

夜間を含め24時間安心して在宅生活が継続できるよう、夜間に定期的に各自宅を巡回して行う訪問介護に加え、利用者の求めに応じて随時対応する訪問介護を組み合わせたサービスのことです。

認知症対応型通所介護

脳血管疾患、アルツハイマー病等により記憶機能等の認知機能が低下し日常生活に支障が生じている要介護者及び要支援者に対して、デイサービスセンター等において、入浴、排泄、食事等の介護、機能訓練などを行うことです。

小規模多機能型居宅介護

日帰り通い介護を中心として、要介護者の容態や希望に応じて、随時訪問介護や施設への短期入所を組み合わせて介護を行なうことです。

認知症対応型共同生活介護(短期利用以外)

認知症(痴呆)の状態にある要介護者等に対して、その共同生活を行なう住居(施設)内において行なう入浴・排泄・食事等の介護、日常生活上の世話、機能訓練を指します。

地域密着型特定施設入居者生活介護

入居者定員が29名以下であり、有料老人ホームその他厚生労働省が定める施設です。

地域密着型介護・老人福祉施設入所者生活介護

常に介護が必要で自宅では介護ができない方を対象として、定員29人以下の小規模な介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)で、食事や入浴等日常生活上の世話や機能訓練など、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)と同様の施設サービスのことです。

介護予防認知症対応型通所介護

脳血管疾患、アルツハイマー病等により記憶機能等の認知機能が低下し日常生活に支障が生じている要介護者の症状の悪化防止を目的として、入浴、排泄、食事等の介護、機能訓練などのサービスのことです。

介護予防認知症対応型共同生活介護(短期利用)

共同生活住居において、家庭的な環境と地域住民との交流の下で入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができることを目的としています。

介護予防

「要介護状態になることをできる限り防ぐ(遅らせる)こと、そして要介護状態であっても、状態がそれ以上に悪化しないようにする(維持・改善を図る)」ことを目的としています。

介護予防認知症対応型

脳血管疾患、アルツハイマー病等により記憶機能等の認知機能が低下し日常生活に支障が生じている要介護者の症状の悪化防止を目的として、入浴、排泄、食事等の介護、機能訓練などを行うサービスのことです。

小規模多機能型居宅介護

認知症の方が人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう、通うことを原則として24時間サービスのことです。

介護予防認知症対応型

認知症の症状の進行の緩和をするため、食事・入浴などの介護や支援、機能訓練を日帰りで行います。

共同生活介護(短期利用以外)

当事者が可能な限りその居宅において、能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行います。

ナーシングネットのお申し込みをご希望される方はこちらまで
お電話でも受け付けております。
お問い合わせはフリーダイヤル 0120-141-749
FAXでのお問い合わせ:03-5369-8236 平日9:00〜18:00(土・日・祝日除く)
メールからのお申込みはこちら
Copyright © 2002-2018 Nursing Net. Produced by Plusonesolutions.inc All Rights Reserved.